資料>> 介護保険法 >> 第七章 費用等 >> 第二節 財政安定化基金等
第七章 費用等

第二節 財政安定化基金等

(財政安定化基金)
第百四十七条


  1. 都道府県は、次に掲げる介護保険の財政の安定化に資する事業に必要な費用に充てるため、財政安定化基金を設けるものとする。

    一 実績保険料収納額が予定保険料収納額に不足すると見込まれ、かつ、基金事業対象収入額が基全事業対象費用額に不足すると見込まれる市町村に対し、政令で定めるところにより、イに掲げる額(イに掲げる額が口に掲げる額を超えるときは、ロに掲げる額とする。)の二分の一に相当する額を基礎として、当該市町村及ぴその他の市町村における保険料の収納状況を勘案して政令で定めるところによリ算定した額を交付すること。
    ...イ 実績保険料収納額が予定保険料収納額に不足すると見込まれる額
    ...ロ 基金事業対家収入額が基金事業対象費用額に不足すると見込まれる額
    二 基金事業対象収入額及ぴ基金事業交付額の合計額が、基金事業対象費用額に不足すると見込まれる市町村に対し、政令で定めるところにより、当該不足すると見込まれる額を基礎として、当該市町村及ぴその他の市町村における保険料の収納状況を勘案して政令で定めるところにより算定した額の範囲内の額を貸し付けること。
  2. 前項において次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
    一 予定保険料収納額市町村において事業運営期間(市町村介護保険事業計画の初年度以降三箇年間をいう。以下この項において同し。)中に収納が見込まれた保険料の額の合計額のうち、介護給付及ぴ予防給付に要する費用の額、財政安定化基金拠出全の納付に要する費用の額並ぴに前項第二号の規定による都道府県からの借入金(以下この項及ぴ次条において「基企事業借入金」という。)の償還に要する費用の額に充てるものとして政令で定めるところにより算定した額
    二 実績保険料収納額市町村において前号の事業運営期間中に収納した保険料の額の合計額のうち、介護給付及ぴ予防給付に要した費用の額、財政安定化基金拠出金の納付に要した費用の額並ぴに基金事業借入金の償還に要した費用の額に充てるものとして政令で定めるところにより算定した額
    三 基金事業対象収入額市町村の介護保険に関する特別会計において第一号の事業運営期間中に収入した金額(第五号の基金事業交付額及び基金事業借入金の額を除く。)の合計額のうち、介護給付及ぴ予防給付に要した費用の額、財政安定化基金拠出金の納付に要した費用の額並ぴに基金事業借入金の償還に要した費用の額に充てるものとして政令で定めるところにより算定した額
    四 基金事業対象費用額市町村において第一号の事業運営期間中に介護給付及び予防給付に要した費用の額、財政安定化基金拠出金の納付に要した費用の額並ぴに基金事業借入金の償還に要した費用の額の合計額として政令で定めるところにより算定した額
    五 基金事業交付額市町村が第一号の事業運営期間中に前項第一号の規定により交付を受けた額
  3. 都道府県は、財政安定化基金に充てるため、政令で定めるところにより、市町村から財政安定化基金拠出金を徴収するものとする。
  4. 市町村は、前項の規定による財政安定化基金拠出金を納付する義務を負う。
  5. 都道府県は、政令で定めるところにより、第三項の規定により市町村から徴収した財政安定化基金拠出金の総額の三倍に相当する額を財政安定化基金に繰り入れなければならない。
  6. 国は、政令で定めるところにより、前項の規定により都道府県が繰り入れた額の三分の一に相当する額を負担する。
  7. 財政安定化基金から生ずる収入は、すべて財政安定化基金に充てなければならない。
  8. 第百二十一条第二項の規定は、第二項第一号に規定する介護給付及ぴ予防給付に要する費用の額並ぴに同項第二号から第四号までに規定する介護給付及ぴ予防給付に要した費用の額について準用する。

(市町村相互財政安定化事業)
第百四十八条


  1. 市町村は、介護保険の財政の安定化を図るため、その介護保険に関する持別会計において負担する費用のうち介護給付及ぴ予防給付に要する費用(第四十三条第三項、第四十四条第六項、第四十五条第六項、第五十五条第三項、第五十六条第六項又は第五十七柔第六項の親定に基づき条例を定めている市町村に係る当該介護給付及ぴ予防給付に要する費用については、当該条例による措置が講ぜられないものとして政令で定めるところにより算定した当該介護給付及ぴ予防給付に要する費用とする。次項において同じ。)、財政安定化基金拠出金の納付に要する費用並ぴに基金事業借入金の償還に要する費用の財源について、政令で定めるところにより、他の市町村と共同して、調整保険料率に基づき、市町村相互間において調整する事業(以下この条及ぴ次条において「市町村相互財政安定化事業」という。)を行うことができる。
  2. 前項の調整保険料率は、市町村相互財政安定化事業を行う市町村(以下この条及ぴ次案第二項において「特定市町村」という。)のそれぞれが、それぞれの第一号被保険者に対し、当該調整保険料率により算定した保険料額によって保険料を課するとしたならば、当該特定市町村につき事業実施期間(市町村相互財政安定化事業を実施する期間として特定市町村が次項の規約により定める三年を一期とする期間をいう。以下この項及ぴ第四項において同じ。)において収納される保険料の額の合計額が、当該事業実施期間における当該特定市町村の介護給付及ぴ予防給付に要する費用の額(当該介護給付及ぴ予防給付に要する費用の額につき第百二十一条第一項、第百二十二案第一項、第百二十三条第一項、第百二十四条第一項及ぴ第百二十五案第一項の規定により、国、都道府県、市町村の一般会計及ぴ支払基金が負担し、又は交付する額を除く。)、財政安定化基全拠出金の納付に要する費用の額並ぴに基企事業借入金の償還に要する費用の額の合計額と均衡を保つことができるものであって、当該特定市町村が政令で定める基準に従い定めるものとする。
  3. 市町村は、市町村相互財政安定化事業を行おうとするときは、その議会の議決を経てする協議により規約を定め、これを都道府県知事に届け出なければならない。
  4. 前項の規約には、次に掲げる事項につき規定を設けなければならない。
    一 特定市町村
    二 調整保険料率
    三 事業実施期間
    四 市町村相互財政安定化事業に係る資金の負担及ぴ交付の方法
    五 前各号に掲げる事項のはか、市町村租互財政安定化事業の実施に関し必要な事項
  5. 第三項の規定は、同項の規約を変更し、又は市町村相互財政安定化事業をとりやめようとする場合について準用する。
  6. 特定市町村が第百二十九条第二項の規定によりその条例で定める保険料率について同条第三項の規定を適用する場合においては、同項中「償還に要する費用の予定額」とあるのは「償還に要する費用の予定額、第百四十八条第一項に規定する市町村相互財政安定化事業により負担する額の予想額」と、「並ぴに国庫負担等の額等に照らし、おおむね三年」とあるのは「、国庫負担等の額並ぴに同項に規定する市町村相互財政安定化事業により交付される額の予想額等に照らし、おおむね第百四十八条第二項に規定する事業実施期間」とする。
  7. 特定市町村について前条第二項の規定を適用する場合においては、同項第一号中「並ぴに前項第二号の規定による都道府県からの借入金(以下「基金事業借入金」という。)の償還に要する費用の額」とあるのは「、前項第二号の規定による都道府県からの借入金(以下「基金事業借入金」という。)の償還に要する費用の額並ぴに市町村相互財政安定化事業(次条第一項に規定する市町村相互財政安定化事業をいう。以下この項において同し。)により負担する額」と、同項第二号中「並ぴに基金事業借入金の償還に要した費用の額」とあるのは「、基金事業借入金の慣還に要した費用の額並ぴに市町村相互財政安定化事業により負担した額」と、同項第三号中「収入した金額(第五号の基金事業交付額及ぴ基金事業借入金の額を除く。」とあるのは「収入した金額(市町村相互財政安定化事業により交付された額を含み、第五号の基金事業交什額及ぴ基金事業借入金の額を除く。」と、「並ぴに基金事業借入金の償還に要した費用の額」とあるのは「、基金事業借入金の償還に要した費用の額並ぴに市町村相互財政安定化事業により負担した額」と、同項第四号中「並ぴに基金事業借入金の償還に要した費用の額」とあるのは「、基金事業借入金の償還に要した費用の額並ぴに市町村相互財政安定化事業により負担した額」とする。
  8. 特定市町村は、厚生省令で定めるところにより、市町村相互財政安定化事業のうち資金の負担及ぴ交付に関する事務の一部を、当該特定市町村が出資者又は構成員となっている営利を目的としない法人であって、厚生省令で定める要件に該当するものに委託することができる。

第百四十九条

  1. 都道府県は、市町村相互財政安定化事業を行おうとする市町村の求めに応じ、市町村相互間における必要な調整を行うものとする。
  2. 都道府県は、特定市町村の求めに応じ、当該市町村相互財政安定化事業に係る調整保険料率についての基準を示す等必要な助言又は指導をすることができる。